2016年09月03日

熊本地震への災害復興ボランティア活動報告

9月1日に熊本県益城町にて曹洞宗岐阜県青年会より有志9名が災害復興ボランティアに参加いたしました。
熊本市内は以前のように活気に満ちていましたが、川にかかる仮設の橋であったり、歪みやひび割れが残る歩道など震災の痕跡を様々な場所に見ることとなりました。
また、31日夜には震度5弱、翌1日朝には震度4の地震が発生し、その地震の影響がいまだに続いていると感じることとなりました。

1日には曹岐青公式ページブロックニュース内の4月28日付記事にあります会員と後から駆け付けた会員の計2名がお世話になった益城町ボランティアセンターにてボランティア活動のマッチングを行い、実際の活動を行うこととなりました。ボランティアセンターの職員の方によると、活動の要請も徐々に少なくはなっていると聞いたものの、活動当日で計60名の募集がありました。

S__19988483.jpg

その中で、今回曹岐青有志一同は益城町立益城中央小学校の校庭を使用した瓦礫の集積場にて、運ばれてくる瓦礫の運搬・分別のお手伝いをさせていただくこととなりました。
集積場へ向かう途中、集積場の開場時間前にもかかわらず荷台に様々な瓦礫を満載したトラックが長蛇の列を作って停車しておりました。

我々の活動としては運ばれてくる瓦礫をそれぞれ分別された山へ乗せる作業と混入している分別外の物品をより分ける作業、粉塵が舞わないようにするための放水を行うこととなりました。

S__19988487.jpg

S__19988494.jpg

結局、1日の活動の中で運び込まれる瓦礫が途切れることはなく、むしろ順番を待つトラックの量は朝から一切変わっていないような印象を受けました。それは、いまだにそれだけの瓦礫が残っており、「運び込まれる瓦礫がなくなってやっと復興が始まるのでは?」と考えさせられる光景でした。

S__19988495.jpg

震災が発生し約半年がたとうとしています。今回ボランティアに向かうにあたって、「もしかしたら何も活動がないのでは?」と考えることもありました。しかしそれは非常に、そして現実を知らない甘い考えでありました。地震による爪痕は今でも深く残っており、その傷を治すための活動はいまだにたくさん必要とされています。

曹洞宗岐阜県青年会は今後とも様々な形での支援を続けるとともに、一刻も早い熊本県の復興を祈念いたします。
posted by 曹岐青 at 13:10| 活動報告