2016年09月08日

平成28年度現職研修会開催

平成28年9月6日より7日にかけて、恵那市長徳寺様にて平成28年度現職研修会が参加者50名で開催されました。

開講写真.jpg


本年度の宗乗講義では曹洞宗宗務庁より菅原研州老師をお招きし、「坐禅会を始めるために」と題して講義をいただきました。

DSC00711.JPG


これから新しく坐禅会を始めようとしてる御寺院様、もうすでに行われている御寺院様さまざまではありますが、坐禅をどのように伝えていくべきなのか改めて学ぶ機会をいただきました。


余乗講義ではチベットでの焼身抗議を取材したドキュメンタリー映画「ルンタ」の上映並びに、同作品の監督を務められました池谷薫氏による講義をしていただきました。

ルンタ.jpg


「ルンタ」とはチベット語で「ルン=風」「タ=馬」で風に乗せて人々の願いを天に送り届けるものだそうです。
本映画はインド・ダラムサラをはじめ、チベットの人々の現在と現実を生々しく伝えるものでした。また、池谷監督の講義ではこの映画を通して何を伝えたかったのか。チベット人にとって仏教とは何なのか。何を願って焼身を行うのか。といったお話をいただきました。


人権学習では、曹洞宗岐阜県宗務所人権主事志比道栄老師より、「高齢者の人権について」と題してこれからの高齢化社会に対して僧侶としてどのように考えていけばよいかの講義をいただきました。また、障がい者、性差別についての講義も併せていただきました。

DSC00709.JPG


本年度の現職研修を通して、私たちが行う布教とは何なのか。私たち自身が何を願うべきなのか。改めて考える機会となりました。学んだことを日々の中にどう生かしていくか、深く考えながら精進していきたいです。
posted by 曹岐青 at 19:51| 活動報告