2017年11月24日

平成29年度現職研修会開催

11月21日か22日かけて曹洞宗岐阜県宗務所主催現職研修会が瑞浪市浄円寺にて開催されました。
今年度は例年より遅く11月下旬での開催となりましたが、多くの参加者と共にの開催となりました。

DSC00582.JPG

本年度の最初の講義では、昨年に引き続き愛知学院大学 菅原研州師による「続・坐禅会を始めるために」をいただきました。
参禅者の方に坐禅を教えるためには私達が坐禅を知っていなければなりません。
私達曹洞宗僧侶は日ごろから只管打坐を旨としておりますが、その坐禅とはいったいどのようなものなのか。
ひたすら坐ることが肝要であるのならば、なぜ書物からも学ばなければならないのか?学ぶとはどのようなことなのか道元禅師や瑩山禅師の記されました書物などからその意義を学び取る講義となりました。

DSC00583.JPG

引き続いては、情報・経済アナリストの青木文鷹氏をお招きし「デマと情報」と題して講義をしていただきました。
現代社会ではたくさんの情報が溢れています。
しかしその中には正しくない情報、間違った情報、残念ですが意図して歪められた情報などもたくさんあります。そんな中、私達僧侶はどのように考えるべきか。
そしてどのように行動をしていくべきなのかを実際の事例を交えながら教えていただきました。

DSC00591.JPG

今年度も学ぶことの多い大変有意義な研修となりました。
研修で学んだことをもとに各自のお寺をこれからもより良い場所へとなるよう精進してまいります。
posted by 曹岐青 at 12:23| 活動報告

2017年10月04日

東海管区青年会大会に参加しました

平成29年10月1日(日)、静岡県掛川市、掛川グランドホテルにて開催された第41回東海管区曹洞宗青年会大会に参加してまいりました。
 今大会のテーマは「仏笑(ぶっしょう)」。仏さまと一緒にみんなで笑おうという主旨で、各種体験・展示ブースの設置や講演が行われました。

 講演会場隣のブースでは、普段触れることのできないお寺の鳴らし物を実際に鳴らすことのできるコーナーや、僧侶が身につけるお袈裟や法衣に触れられるコーナー、坐禅や写仏の体験コーナーがあり、多くの人で賑わっていました。

IMG_1768.jpeg

IMG_1773.jpeg

 講演会場では、臨済宗大安禅寺副住職 高橋玄峰師による特別法話「日日是好日〜一に掃除、二に笑顔、三四元気におかげさま〜」、続いてお笑い芸人「笑い飯」の哲夫氏による講演「おもしろ仏教講座」が行われました。どちらも会場中が大きな笑いに包まれる中、笑いの中にも禅の心やお釈迦様の教えについての多くの気づきや学びがあり、あっという間に過ぎていく時間の中で心が軽くなる思いがしました。

IMG_1784.jpeg

IMG_1785.jpeg

 仏教、お寺、お坊さんというと、どうしてもとっつきにくい印象を持たれがちですが、「笑」というテーマで少しでもそれらを身近に感じてもらい、お釈迦様の教えに触れてもらう機会を持ってもらえれば、そんな思いと工夫が随所に見られた素晴らしい大会でした。
 来年は、当地岐阜県でこの大会を迎えます。より良い大会設営に向け会員一同精進してまいりたいと思います。

報告者:広福寺 紀藤昌元

大会に引き続き、同会場にて懇親会が開催され、曹洞宗岐阜県青年会からは事務局の三役が参加しました。次回大会の事務局が曹洞宗岐阜県青年会という事もあり、中締めでは宮本覚道現会長より各曹青の皆様に歓迎の旨が伝えられました。又、大会を成功裏に終える事を目標として1年後をめざす事を宣言しました。

S__45965317.jpg

東海管区曹洞宗青年会大会成功へ向けて、曹岐青一丸となって邁進いたします。
posted by 曹岐青 at 08:31| 参加報告

2017年09月21日

平成29年度布教研修会開催

9月15日、みの観光ホテルで曹洞宗岐阜県宗務所主催布教研修会が行われました。
講師に行政書士であり葬祭カウンセラーの顔も持つ勝桂子(すぐれ・けいこ)氏をお招きし、墓じまいや葬送の現状、一般の方々の率直な思いについて講演をしていただきました。

DSC00348.JPG

寺離れ、仏教離れが取り沙汰される現代にあって、寺院は今後いかにしてあるべきか。そんなことを考えさせられる示唆に富む講演でした。

DSC00345.JPG

青年会員佐藤隆定師のブログサイトにも当日の記事があります。こちらもぜひご覧ください。
http://www.zen-essay.com/entry/hakajimai
posted by 曹岐青 at 08:31| 活動報告

2017年05月16日

大本山永平寺名古屋別院祭りに参加しました

平成29年5月14日に名古屋市の大本山永平寺名古屋別院にて開催されました大本山永平寺名古屋別院祭りにて、開山忌法要並びに東日本大震災復興チャリティーバザーに曹洞宗岐阜県青年会会員が参加しました。

当日は晴天に恵まれ、多くの方に参加していただけました。
提供していただいた品物も完売し、東日本大震災復興のために寄付をさせていただきました。

DSC00279.JPG

また、大本山永平寺名古屋別院典座寮の方々に作っていただいた炊き込みご飯とけんちんうどんの振る舞いもあり、皆さん舌鼓を打っていました。

DSC00281.JPG

引き続き、開山忌法要がおこなわれ、青年会員も随喜させていただきました。

DSC00297.JPG
posted by 曹岐青 at 19:33| 参加報告

2017年05月10日

平成29年度曹洞宗岐阜県青年会定時総会開催

年5月8日、岐阜市十八楼にて平成29年度曹洞宗岐阜県青年会定時総会が開催されました。

曹洞宗岐阜県青年会では昨年度より青年会組織の改編を行い、県内各ブロックによる部署制を導入してきました。今回の総会では、それぞれの担当部署より、昨年度の活動報告をと、今年度での事業計画をしていただきました。

この曹岐青ブログにて各部署による活動が記事となっています。ぜひご覧ください。

DSC00277.JPG

また、来年度より輪番制により事務局が移動します。それに際して次期第23期会長の選出が行われました。
次期会長には、中津川市阿木 萬嶽寺住職 皮地昇雲師が推薦され、会員一同の賛成を持って承認されました。

本年度、青年会に3名の新入会員が入会しました。より一層、互いに切磋琢磨してまいります。
posted by 曹岐青 at 12:34| 活動報告

2017年04月27日

仏法興隆 花まつり千僧法要 〜慈悲の実践、世界平和の祈り〜

平成29年4月26日、奈良県東大寺に於いて「花まつり千僧法要」が行われ、
当会会長(宮本)、並びに出向理事(大久保)、総合企画部より(巖・山守)の4名で参加してまいりました。

unnamed.jpg

当日は、あいにくの雨となりましたが全国各地より宗派を超えた青年僧侶約500名が参集し、東大寺大仏殿にて各宗派の法要を厳修致しました。

写真6.jpg

廬舎那仏さまの台座より願いを込めた散華の花をまき、声明や法螺の吹奏、念仏、曹洞宗の大般若経の転読が行われました。

写真C.jpg

宗派を超えた青年僧侶の共通の願いである、世界平和や全ての生きとし生ける人々の幸せを祈願致しました。

間もなく30年を迎えるこの法要に参列できた仏縁に感謝いたします。

奈良テレビ放送並びにyahooニュースにも記事がございます。こちらも併せてご覧下さい。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170426-00010000-tvnv-l29
報告者 山守
posted by 曹岐青 at 16:11| 活動報告

2017年04月16日

平成29年度第1回理事会並びに降誕会開催

平成29年4月14日瑞浪市増福寺様において、平成29年度第1回理事会が開催されました。

新年度となって最初となる今回の理事会では、事務局から前年度での事業報告並びに、会計報告がおこなわれた他、各地区ごとの事業部からの事業報告が行われました。
昨年度から法要や布教などを県内各地区ごとに分担し、青年会活動の活性化を図ってきました。まだまだ始まったばかりで修正を行いながらの活動ではありますが、今後はより一層、曹洞宗岐阜県青年会の活動広がっていくことと思います。

DSC00231.JPG

引き続き、増福寺においてお釈迦さまの誕生日をお祝いする降誕会が執り行われました。
お釈迦さまはインド北部のルンビニー園で4月8日にお生まれになったと伝えれらています。その伝承に習い、花で飾った花御堂を建てて、産湯に使ったという甘露に見立てた甘茶を灌ぎます。
今回の降誕会法要では、導師を増福寺住職の逸見智光師が務められ、増福寺梅花講の皆さんにもお集まりいただき、花まつり御和讃の奉詠されるなかでの法要となりました。

DSC00233.JPG

DSC00238.JPG

DSC00262.JPG

月遅れの5月に降誕会を行うご寺院様もあります。皆様にもお釈迦さまの誕生をお祝いしていただき、甘茶を味わっていただければと思います。
posted by 曹岐青 at 18:46| 活動報告

2017年03月26日

曹洞宗岐阜県青年会総合企画部会議

平成29年3月24日岐阜市自福寺様にて、先日開催いたしました総合企画部研修旅行の振り返り会議が行われました。

ぎふ振り返り.jpg

会議では、本年度の研修で得られた改善点をもとに、来年度の総合企画部企画案の調整を行いました。
臨済宗妙心寺様への拝登で得られた経験だけではなく、より多くの研鑽を積むことができるよう企画を進めてまいります。

また、昨年出版いたしました記念誌『おくる』の今後の展開についてや、
曹洞宗岐阜県青年会の未来像について等、活発な意見交換がされました。
posted by 曹岐青 at 16:48| 会議報告

2017年02月25日

臨済宗妙心寺様、京都祖跡拝登研修

平成29年2月21日より翌22日まで、臨済宗妙心寺派大本山 妙心寺様への拝登と、道元禅師ゆかりの地の巡拝の研修を行いました。
道中の車内では青年会員 山守隆弘師がこの1年間、曹洞宗布教師養成所で学んだことを布教実演として話され、研修に参加しています青年僧からの講評をいただきくことで、互いの研鑽を積ませていただきました。

16865110_668241530029192_6567914300724631723_n.jpg

その後、比叡山延暦寺横川中堂にあります、道元禅師得度の地を拝登させていただき、法要を上げさせていただきました。
おりしも雪の降りしきる中の拝登となりましたが、奇縁にも前日20日は大本山永平寺に修行に入る若い僧侶が一番最初に到着した日とのこと。
研修参加者も雪道を進み道元禅師得度の地を目指しつつ、自分たちが永平寺へ到着した日を思い出したことではないでしょうか。
「お坊さん」になること。そのことを今一度よく思い出しなさいと道元禅師よりお励ましをいただいているかのようでした。

16864635_668243580028987_6429148845107640109_n.jpg

16797093_668243686695643_6385822431862127072_o.jpg

雪の比叡山を後にし、今回の研修の大きな目的地である臨済宗妙心寺派大本山妙心寺様を拝登させていただきました。
妙心寺様では最初に開山堂に当たります微笑菴にてお経をあげさせていただきました。
その後、隣接します玉鳳禅宮にて妙心寺様の縁起を聞かせていただきました。政治的に不安定にな時代、時の上皇である花園上皇が仏道を学ばれながら、臨済禅とどのように結びついていたのかを教えていただきました。
また、微笑菴の前面の門に応仁の乱の際についたとされる矢の痕跡や、後ろ手にあります武田家、織田家、墓所、豊臣家ゆかりの供養廟の説明をいただき、鎌倉の時代から連綿と続く時間の流れを感じました。
その後、東海菴の参拝をさせていただきました。この寺院は、曹洞宗でいう管主禅師が住まわれる建物に相当する場所であり、臨済宗妙心寺派の僧侶の方々にとっても非常に特別な場所であると伺いました。
また、東海菴では、枯山水で作られた庭園を見せていただき、そこに表現された宇宙と悟りの世界の一端に触れるとても貴重な機会をいただきました。

16865136_668621013324577_4791869401986611943_n.jpg

16904945_668621016657910_2221219345222657077_o.jpg

16832317_668621163324562_6095542985108783547_n.jpg

妙心寺様から会場を花園大学に移し、大学内の座禅堂にて臨済禅の体験をさせていただきました。
普段我々が行っている坐禅とは様々な点が異なっており、多くの驚きと発見がありました。
曹洞宗の坐禅では、普通壁に向かって座る「面壁」を行っておりますが、臨済宗の坐禅では互いに向かい合って「対面」しながら坐ります。また、坐禅を組むまでに至る作法にも多くの違いがあり、禅の世界の多様性を肌で感じることができました。
坐禅といえば最初に思い浮かぶであろう「警策」これも字は同じでも曹洞宗が「きょうさく」と呼ぶのに対し、臨済宗では「けいさく」呼ぶなどの他、その打ち方、受け方も大きく違い一同大きな驚きに包まれました。

16681644_668621389991206_464644294035203845_n.jpg

坐禅の後、花園大学の教室に会場を移しまして、花園大学教授も務められます、安永祖堂師家老大師よる臨済禅の公案体系についての講演をいただきました。
臨済宗で用いられる「公案」いわゆる「禅問答」とは何のために作られたのか。そこに至るまでにどのような歩みがあったのか歴史を交えつつ、禅の深みを目指すために古来より僧侶がどのような想いを伝えられたのか教えていただきました。
特に、曹洞宗は「威儀即仏法」「修証一如」を説き、修行をする姿が佛そのもので、その佛であるためにどう生きていくかが曹洞宗の教えであるのに対し、佛に至るためにどのように考えて行動していけばよいかを公案を通して考え続けることが臨済禅である。などそれぞれの坐禅を比べつつ教えていただきました。
特に、佛である円をいかに維持し続けるのが曹洞宗であるのに対し、四角から五角、五角から六角と徐々に角を増やしていって円に近付くことが臨済宗であるというお話が印象に残りました。

f1782db6416200bfd649de31c5787792.png

研修2日目は最初、道元禅師示寂の地を訪ねました。昨日の寒波と曇天が嘘のような快晴に恵まれての参拝となりました。
京都市内の住宅地を歩いていますと、突然道元禅師示寂の地が現れます。まるでその場所だけが街の喧騒から切り取られたかのようでした。

16730439_668786453308033_4270180391462905938_n.jpg

その後、建仁寺さまへと拝登をさせていただきました。建仁寺さまでは開山堂にて建仁寺さまのご開山さまである栄西禅師へのご供養をさせていただきました。引き続いて明全さまへのご供養をさせていただきました。明全さまは、道元禅師に禅の道を進むことを示され、ともに宋へと渡られました。
ご供養の後、建仁寺さまの諸堂を参拝させていただき、臨済宗に伝わる文化と、そこにまさに融合した日本の歴史を感じました。

16904856_668786679974677_1518244668271852676_o.jpg

建仁寺さまを後にした私たちは、道元禅師の荼毘の地へと参拝させていただきました。京都嵐山の清水寺にほど近い地に道元禅師の荼毘の地がございます。私達が到着しますと、傍らの紅梅が見事な花を咲かせていました。道元禅師は梅の花をこよなく愛されておりました。比叡山では雪降る中、厳しくお迎えをしていただき、この荼毘の地で暖かな日差しと梅の花。まさに道元禅師が私達へと仏道を伝えてくださったのでした。

16903263_668787189974626_5182108103959574903_o.jpg

今回の研修では、得度の地である比叡山から、京都市内に点在する道元禅師の足跡を参拝し、荼毘の地へと至ったとき、道元禅師から私たちへと連綿と続く仏道の流れを感じ入りました。
今回の一泊二日の研修では、普段なかなか交流する機会のない臨済宗の方々と様々な意見の交換もおこなうことができ、参加者一同今後の弁道精進への大きな力となりました。

―3月18日追記―
平成29年3月1日付の文化時報2面に今回の研修に関する記事が掲載されました。
「お坊さん」とは何か。宗派を超えて求められる時代となってきております。
それぞれが大切にすることをより学んでいきたいと考えております。

DSC00227.JPG
posted by 曹岐青 at 17:08| 活動報告

2017年02月16日

第5回理事会並びに涅槃会法要研修開催

平成29年2月9日に関市下有知 龍泰寺様にて第5回曹洞宗岐阜県青年会理事会が開催されました。

今回の理事会では、来週に迫った臨済宗妙心寺様への拝登並びに道元禅師ゆかりの祖跡参拝の研修について詰めの打ち合わせがおこなわれました。
また、曹洞宗岐阜県青年会の来年度の事業計画についての協議が行われ、青年僧侶の一層の研鑽を図るためどのように活動を行っていけばよいか様々な意見が交換されました。

DSC_1680.jpg

理事会終了後、引き続き龍泰寺様にて法要研修として、お釈迦様のご命日にちなみ、そのご遺徳をしのぶ法要である「涅槃会」が行われました。
旧暦によって3月に執り行われるご寺院様もありますが、お釈迦様が2月15日にお亡くなりになられたことにあわせ、2月1日から涅槃図を掛け佛遺教経をお唱えし、15日に本法要として涅槃会が行われます。
今回の涅槃会法要では、曹洞宗岐阜県青年会会長であり龍泰寺副住職の宮本覚道師を導師とし、前回各務原市各務おがせ町慈眼寺様で行われました成道会の反省等を生かしつつ法要を修行いたしました。

1118.jpg

1111.jpg

節分を過ぎ、これから季節の変わり目へと移ってまいります。どうぞお体には十分にお気を付けていただければと存じます。
posted by 曹岐青 at 21:37| 活動報告