2014年05月01日

仏法興隆 千僧法要

平成26年4月26日(土) 午後1時より奈良県 東大寺大仏殿におきまして『仏法興隆 花まつり千僧法要 〜統合の祈り 世界平和 すべての安穏のために』が厳修されました。

千僧法要@2617.jpg

 当日は汗ばむぐらいの晴天、また土曜日にもかかわらず各宗の青年僧侶600数十名、また全国からこの法要を一目みようと数多くの参詣者が集まりました。久しぶりにみる南大門はあまりにも大きく、大仏殿を見たときには静かに感動することができました。
 全国曹洞宗青年会からは約50名ほどの参加者でしたでしょうか。曹岐青からは会長 宮崎と多岐地区副会長の大久保厚志師が参加させていただきました。予定通り12時45分に出発した行列は金峯山青年僧の会による素晴らしく重々しい法螺(ほら)が鳴り響く中、各宗の青年宗侶が整然と練り歩き最後尾には全国日蓮宗青年会の賑やかな団扇太鼓が打ち鳴らされながらの大行列でした。各宗夫々の衣を身にまとい、その様子を一目みようと、またあちこちから写メを撮る海外からの人たちで大賑わいでした(笑)

千僧法要B.jpg

 大仏殿に到着すると大仏様を囲むような形で加盟団体夫々の法要が勤められました。 差定としては法螺(ほら)吹奏(すいそう)に始まり、天台仏教青年連盟による声明、全国曹洞宗青年会による大般若転読、全国日蓮宗青年会による木剣、宗派を超えた青年宗侶全員で読経の後ご回向申し上げました。各宗のありがたいお勤めに、この日のためにご参詣下さった方も、たまたまその場に居合わせた方も思わず手を合わせたくなる≠サのような法要が一緒にお勤めできたのではないかと思っています。

この千僧法要を通して私たち青年宗侶は宗派を超えて東日本大震災からの復興、世界の平和、国土の安穏、私たちが仏縁をいただくすべての安寧をお祈りすることができたのです。


 宮崎誠道 合掌

千僧法要A.jpg
posted by 曹岐青 at 09:09| 活動報告